【目次・記事の一覧】

国家資格者の元整骨院長が病院で25年行っている「改善・予防方法」
実際の医療現場での「治療」と「そのウラ側」とは?

「歩くと痛いので外出できない」
「一生付き合っていかなければいけないの?」
「階段がこわい」
「安心してスポーツを楽しみたい」
「痛くて夜も眠れない」
「何か悪い病気なんじゃ?」
「毎日がゆううつ・・・」

あなたの「ケア」は本当に大丈夫でしょうか?
なぜ、病院や接骨院に行っても痛みが引かずスイスイと歩けないのでしょうか?

ひざを気にしない毎日のために、わたしの臨床経験がお役に立てればと思います。

  • LINEで送る
サブコンテンツ

このページの先頭へ