ひざの構造・解剖図

  • LINEで送る

膝関節は「立ち上がる」「座る」「歩く」
という動きに対応するため複雑なつくりになっていて、
そのたびに負荷がかかるところです。

「体重を支えながら動く」
という大変な役割もあるため、
「ケガ」「障害」「痛み」なども多く発生します。

膝痛や違和感でひざがうまく使えなくなると
いままで当たり前に行なってきた日常動作ができなくなり、
その結果、
日常生活がガラリと変わってしまい、
行動範囲も制限されてしまいます。

そうならないために、
また、
その状態を改善するために、

まずは、
ひざの構造を正しく知っておきましょう。

3つの骨

ひざの関節は3つの骨からなりたっています。
大腿骨(だいたいこつ):太ももの骨
脛骨(けいこつ):すねの骨
膝蓋骨(しつがいこつ):お皿

関節軟骨(かんせつなんこつ)

「太ももの骨」と「すねの骨」
の接触面は「関節軟骨」でおおわれています。

「ひざにかかる衝撃」や「負担」をへらすクッションの役目、
関節の動きをなめらかにする働きがあり、
厚さは「3~4ミリ」ほどで、硬めのスポンジのような構造です。

軟骨の成分は、

  • 水分
  • コラーゲン
  • コンドロイチン
  • グルコサミン
  • ヒアルロン酸

などで構成されています。

長年使っていると、
「すり減ったり」「亀裂が入ったり」で
ひざの衝撃を吸収できなくなってきます。

半月板(はんげつばん)

「太ももの骨」と「すねの骨」の関節面のすきまにある、
「半月板」という三日月の形をした、もうひとつの「クッション材」です。

内側、外側に1つずつあります。

繊維状の軟骨で、
「コンドロチン」
「ヒアルロン酸」
などが主な成分です。

関節軟骨と同じで
年をとるにしたがい「変性、摩耗、亀裂」により、
クッションの効果が減ってきます。

靭帯(じんたい)

「太ももの骨」と「すねの骨」をつなぐ4本のひものような繊維組織です。
ひざ関節の前後左右の揺れをおさえています。

■左右の揺れをおさえる2本

・内側側副靭帯(ないそくそくふくじんたい)
・外側側副靭帯(がいそくそくふくじんたい)

■前後の揺れをおさえる2本

・前十字靭帯(ぜんじゅうじじんたい)
・後十字靭帯(こうじゅうじじんたい)

スポーツにより靭帯を痛める方が多いです。

関節包(かんせつほう)

ひざの関節全体を包んでいる袋です。

ヒアルロン酸を多くふくむ関節液がつくられ、
膝の滑らかな動きをたすけています。

  • LINEで送る
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ