膝痛の原因は登山靴だった | これで山登りの楽しさが倍増!

  • LINEで送る

ヒザの痛みの原因が靴にあるということをあなたはご存じでしたか?

「シューズを変えるだけでひざがラクになった」という実例をご紹介します

「山に行くと膝が痛くなるんです。なにかトレーニングした方がいいのでしょうか?」

という患者様がいらっしゃいましたので、まず「登山靴・トレッキングシューズ」を見せてもらい、根本的な部分で「靴の見直し」のアドバイスをしました

結果、膝痛は改善し「おかげさまで前より登山が楽しくなりましたよ!」との言葉をいただきました

何とアドバイスしたのか?

原因は?

こちらでくわしく解説していきます

楽しい山登り

スポンサーリンク

登山特有のひざ痛

私たちが普段歩く平地とは違い、山道というのは平坦なところがほとんどありません

「登り坂・下り坂」の連続です

ひざを痛めていない方は気づきませんが、かなりの負担が膝にかかってきます

特に「下山」は要注意です!

それまではまったく意識していなかったのに、みなさん、痛みが出て初めて膝を「意識」します

もちろん、
膝を守るための「下山時の歩き方」というものがありますが、
ここではまず、「靴」にスポットを当てていきます。

ひざ痛を改善する靴とは?

ひざ痛を緩和するシューズとは、以下のような靴です

  • ハイカットでも足首ガチガチではないもの
  • クッション性があるインソールや中敷き
  • 重すぎてもダメ
  • 指先が動かせる足型の靴を

それぞれ説明していきます

ハイカットでも足首ガチガチではないもの

歩く道にもよりますが、登山の靴では「ハイカットが良い」という説が多いですね

ハイカットの利点と言えば

  • 小石・砂利の侵入が少ない
  • 山の凸凹から足首を守る

でしょうか。

もちろんそれで良いのですが、
基本的にひざ関節は「伸ばす・曲げる」しか出来ない構造です

つまり「前後にしか動かない」のですね(もちろん多少の遊びはありますが)

ここが盲点なのです

足首を保護するためにガチガチに固めてしまうと、その分のしわ寄せが膝にくるのです。

本来、前後にしか動かないひざに無理な左右の動き(負担)がかかり、知らぬ間にひざを痛めます

ここは、
登山のベテランの方でも意外に知らないポイントです

購入の際は実際に履いて歩いてみて、ハイカットでも足首の自由度のある靴を選んでください

クッション性があること

各メーカー工夫しているようですが、シューズのクッション性は大事な要素です

ひざ関節には、もともと「軟骨」「半月板」などのクッションが備わっていますが、登山などのハードな条件ですと、軟骨などの負担・傷みが早まります

「あなた自身の膝のクッション」を保護して助けるために、靴には「クッション性」が必要です

ひざは(下りの道では)体重の約7倍もの重さを一度に受け止めます
地面からの突き上げ衝撃も増加します

そういう悪条件では「靴のクッション」は大切な命綱です
疲れにも影響してきます

重すぎる靴は膝への負担に

下山の下り道では「小幅」に歩くことが鉄則です

しかし、
理屈ではわかっていながらも大幅に歩いてしまう方が多いのです

下にはたらく重力の勢いでラクに進みますから、どうしても下りは大股でドンドンと歩いてしまうのです

道の状態が良ければなおさらですね

こういう歩き方をしていれば、ひざを痛めるのは時間の問題です

やがて、
「脚が踏ん張れない」「ガクガクする」など、いわゆる「ひざが笑う」状態になり、転倒やケガにつながり大変危険です

そういうときに「登山靴の重さ」が活かされます

「重いのであまり歩幅を大きく出来ない」
それが、ひざを助けてくれるのですね

しかし「重すぎ」はダメです。

平地でも同じですが、重いシューズは膝に負担をかけます

その負担が徐々にひざに蓄積され、やがて「痛み」として現れます

以上、ひざにやさしい靴の選び方と膝痛の原因をお伝えしましたが、冬山に行くのなら重登山靴などが必要になりますので、また条件が変わってきます。

そういう場合は専門店などでご相談することをおすすめします

  • LINEで送る
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ