使用者の80%が知らない杖の正しい使い方・歩き方 | 転倒の原因にも

  • LINEで送る

杖を使って来院される方に聞いてみると
毎日使っているにもかかわらず
80%の方が「正しいつえの使い方・杖歩行」を知りませんでした

「どうやって握るのか知らないんですよ」
「どっちの手に持つんですか?」
「階段ではどうやって使うんですか?」

間違った使い方では、痛みの悪化を防げませんし、逆に手首や腕を痛めたり、転んでしまう危険すらあります。

ここでは、「つえ(ステッキ)の握り方から歩き方」「階段での正しい使い方」を解説していきます。

杖の種類

※杖の「えらび方」を知りたい方は
  ⇒「失敗しない杖の選び方3つのコツ」

スポンサーリンク

これが正しい握り方

痛む側とは逆の手で持ちます

正しい握り

この握りですと、腕と杖がしっかりと接続され、
なれてくると腕の一部のように扱えます

持ち方

人差し指と中指でまたぐように握る

持ち方

人差し指をステッキに「そわせるように」握る

間違った握り

間違った持ち方

杖の棒の部分に上手く体重が乗らず手首に負担がかる上
ちょっとしたことで転倒しやすくなります

歩き方

医師により意見が違い「3点歩行説」と「2点歩行説」とに別れるのですが、はじめて杖を使う方は3点歩行がおすすめです。

※歩くスピードを上げたい場合は2点歩行がおすすめですが、慣れが必要かと思います

3点歩行の歩き方

・まず杖から一歩分前に出す
 
・「痛い方の脚」を一歩前に出す
 
・「痛くない方の脚」を出す

練習方法

「左脚が痛い」場合
「杖 ⇒ 左足 ⇒ 右足 ※くり返し」の掛け声でやってみて下さい

2点歩行の歩き方

3点歩行に慣れたら、「2点歩行」を試してみて下さい

・まず、杖と痛い脚を同時に一歩前に出す
 
・痛くない方の脚を出す

階段での使い方

つえは、普段は「痛む側とは逆の手」で持ちますが、
階段では、いったん反対の手に持ち替えて「手すり」につかまります。

階段で杖を使うと、かえって危険です。
上がり下りは手すりをしっかり持った方が安全ですし、ヒザにもやさしいです。

階段の「上り」

手すりを持って「痛くない方の脚から」上がります。
次に、「痛い脚」をあげて両脚をそろえます。

この繰り返しです

杖は、「手すりをつかまない方の手」で持っていましょう

階段の「下り」

下りも手すりを使いますが
今度は「痛い方の脚から」下ろします。
次に「痛くない脚」を下ろして両脚をそろえます。

※手すりが無いときは?
出来るだけエレベーターやエスカレーターを使いましょう。

それも無い時は、杖を使います。
この場合「痛む側とは逆の手」で杖を持ち、一段一段「ゆっくりと」上がり下りします。
足の出し方は同じですが、先に杖を出し、“足”と“杖”がそろって着地してからもう一方の足をはこびます。

  • LINEで送る
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ