太ると膝が痛くなるって本当?O脚が治らない原因にも!

  • LINEで送る

肥満によって体重が増えると、ひざへの負担が大きくなり膝痛の危険因子となります。

もちろん、
肥満体の方が「全員」、ひざが痛いわけではありません。

しかし、その可能性が激増。「膝痛予備軍」となってしまい、さらにO脚が進む原因にもなってきます。

なぜO脚が進行してしまうのか?
「ひざの痛み」と「O脚」の密接な関係とは?
医療現場で教えている体重を落とすコツとは?

あなたとシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

ひざにかかる負担は 420Kg!

歩くだけで、膝には体重の3倍もの負荷がかかります。
体重60Kgの方でしたら「180Kg」です。

階段の下りともなれば、なんと体重の7倍(!)にもなります。
60Kgの方で 420Kgという信じられない重さになるのです。

仮に 5Kg太ったとすれば、ひざへの負荷は 35Kgも増します(35Kgは「小学5年生の平均体重」です。)

いかに体重が膝を痛めつけているかが分かっていただけるかと思います。

これがO脚が悪化する原因

上記で説明したように、太ってくると関節にかなりの負担をかけます。

負担がかかり続けると脚の筋肉が疲労してきます。

すると、筋肉が骨をガッチリと支えられず骨格のネジレによりO脚になってしまうのです。

それが続くと、”かたよって”体重が関節に乗るため関節軟骨がすり減り(特にひざ内側)さらにO脚が進みます。

O脚が進行すると、ひざ内側にかかる負担が増え痛みも増大するという悪循環に。

また、O脚の方は「歩くとスグに疲れやすい」という悩みを持っている方が多いようですね。
これは、O脚による「体重のかかり具合の偏り」のためです。
脚にかかる体重を効率よく支えられていないのです

医療現場で教えている「体重の減らし方のコツ」

「ひざの痛み」と「体重」は密接に関係しています。

膝痛を防ぐには「肥満の予防や改善」が大切です。体重を1Kgでも軽くして膝への負担をなくしてあげる事です。

でも、その「1Kg」やせることが難しいんですよね。

よく患者さんは「体重が1~2㎏減っただけで痛み方が違う」と、おっしゃいます。

しかし、痩せることは簡単ではありませんよね。
さらに、無理な減量で「栄養バランス」をくずしてもいけません。

ここは「永遠のテーマ」といいますか 、多くの方が悩んでおられる部分ですね。

いくつか、ヒントをお伝えします。

食事が一番のポイント

10代なら代謝も盛んですから、ある程度の運動で体重を落とすことも出来ます。

しかし、
30代、40代と年齢が増えるほどに、運動「だけ」で痩せるのは難しくなってきます。

「体重を減らそう!」とウォーキングを始めたせいでひざが痛くなり診察室を訪れる方も多いのです。

このように、運動でヒザを痛めてしまっては意味がありませんね。

やはり食事(カロリー)を減らすことが第一です。

おすすめしているのは、

  • 間食を減らす努力
  • 腹八分目
  • 夜食が勝負!(朝食、昼食は今のままで)「夜食」のみ控えめにする。特に食後の果物は止める。

これだけでもかなり変わります。

2つのオススメな運動

では運動がまったくダメなのかというと、そんなことはありません。

あくまで「食事」がメインですが、「膝への負担の少ない運動」を行うことでカラダの活性、代謝が良くなる効果があります。

負担の少ない運動は「水中ウォーキング」と「エアロバイク」です。
※ひざの腫れ、痛みのひどい時は行わないでください。

■水中ウォーキング

プールを利用して水中を歩きます。

膝への負荷を考えると、ジョギングよりはウォーキング。ウォーキングよりは水中ウォーキングです。

水中ですから「水の抵抗」も利用出来るので有効に筋力訓練も行えます。

市や区などの公共プールを利用すると出費もおさえられ続けやすいですね。

やり方

  • 胸までの水位で行う
  • ゆっくりペースで往復歩行
  • 後ろ歩き、横歩きも合わせて
  • 30分程度で終わること
    ※高血圧や心肺系の心配な方は事前に医師に相談してください

■エアロバイク

自転車に似たマシンで行う、いわゆる「自転車こぎ」です。
ただし、膝のお皿あたりが痛いときは厳禁です。

すわる高さを両足つま先が着く位の高さに調節して、30分程度の運動で十分です。

ひざが痛いときの階段の上り方・下り方

ひざが痛いと階段(特に下り)で痛みます。

いつも患者さんにお伝えするのは「足の運び方を変えてみてください。」ということです。

  • 上り:痛みの少ない足から出す。
  • 下り:痛む足から出す。

このようにして、一段一段(出来れば「手すり」につかまり)進みます。

上り下りの時間はかかりますが、痛い部分にあまり負担をかけず痛みも最小限におさえ階段を利用できます。

  • LINEで送る
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ