妊娠中、授乳中のボルタレン湿布は要注意!ジクロフェナクの副作用

  • LINEで送る

妊娠中・授乳中にくすりを使うのは色々と神経質になってしまいますよね

「使って大丈夫なのかな・・・」

特に、
関節痛や腰痛・肩こりに気軽に使える「貼り薬、湿布」ですが、
妊娠中、授乳中に使ってはいけない湿布もあるのです

患者さまに説明すると
「知りませんでした・・・」という方がほとんどでしたので
こちらにアップしておきます

妊婦さんや育児中のママにために
お腹の中の赤ちゃん、生まれてくれた赤ちゃんのために
ぜひ知っておいてもらいたい湿布の知識です

スポンサーリンク

ジクロテクトテープ・ボルタレンACテープ・フェイタスZシップ

ひとくちに「湿布」といっても、さまざまな製品がありますが
痛み止め成分に「ジクロフェナクナトリウム」を使った貼り薬は
妊娠中は要注意です

特に、妊娠月数8ヶ月以降の「妊娠後期」はやめて下さい

製品名
 ⇒「ジクロテクトテープ」「ボルタレンACテープ」「フェイタスZシップ」など

これらの貼り薬は、ジクロフェナクという成分を使っています

ジクロフェナクは、その成分がお母さんの血中から胎児に入り
「胎児の心臓に影響が出た」という症例報告があります

一般の方なら良い方向に作用する痛み止め成分の「吸収性の良さ」も、
妊娠中に多くの枚数を貼ると、成分の血中濃度が上がり
胎児や赤ちゃんに影響が出ることがあります

「貼っちゃった!」という場合

これらの薬を貼ってしまった場合でも
1~2枚程度なら問題ない”かも”しれませんが
あまり多くの枚数を使った時、
または、「妊娠後期」に使用した時は、
受診して相談した方が安心ではないでしょうか

【授乳中】の湿布・貼り薬

出産後・授乳中のシップ薬も、
薬からお母さんの血中に入った成分は
母乳を通じて赤ちゃん・乳児に影響を与えることがありますので
慎重に選びたいです。

また、「貼る部位」によっては、
赤ちゃんが直接なめてしまったりという事も起こりますので注意して下さい

ジクロフェナクは、アレルギーを起こす事もあり
痛み止めや解熱剤などに対するアレルギーを持つ方は
原則、使ってはならないとされています

同じく、
喘息を起こしたことのある人や、肝臓、心臓の悪い方も相談してください

「第3類医薬品」なら安全

商品の外箱を見ると「第2類医薬品」などと難しい言葉で分類が書いてあります

この分類は、かんたんに言うと、
「副作用などの危険性」によって薬事法で分けられているもので
「第1類~第3類」まであります

この中の「第3類医薬品」なら、妊娠中や授乳中も、基本的には使って大丈夫です

購入する時の参考にして下さい

※100%安全という事はありませんのでアレルギー症状などに注意しながら使用して下さい

その他、
「”温かい”湿布と”冷たい”湿布、どちらを買ったらいんだろう?」
「市販の湿布」と「病院で処方される湿布」の違いって?
「より”効く”貼り方ってあるの?」

などの疑問は⇒こちら

まとめ

これまで、
「実際の医療現場の情報」と「ネット上での情報」の比較を
いくつか行ってきました

そこで見えた傾向は、

「インターネットの情報」の方が(実際に医師の診察から得られる情報より)比較的オーバーに誇張して書かれている場合が多いという事です

では「ネット上の情報が全てオーバーなのか?」と言えば、それはもちろん「NO」です
また、「医師の情報がすべて正しいか?」といえば、「?」と、思わざるを得ない事もあります

医師の知識量は豊富ですが、「得意分野、不得意分野」もあり
知識の浅い分野も出てきてしまうからです

「医者」と言っても万能ではありません。
 ⇒医者は信頼できない!良い医者の見つけ方2つ

今回のテーマ「妊娠中、授乳中の湿布」でも、
先生によっては、ごく普通にジクロフェナクの貼り薬を処方していますし
それを使用しても無事に出産、育児をしているママさんたちも多くいらっしゃいます

薬に対する見解も、医師によって違っているのが現状で
A病院では「貼らないで下さい!」と言われたのに
B病院では「まったく問題ありません」ということも起こってくるのです

しかし。。。。

万が一の時には、一体誰が補償してくれるのでしょうか?

自分の身をまもるのは、
そして、ご自身のお子さんを守るのは
「あなた」しかいないのです

薬を処方した医師は守ってくれません。

なによりも、
宝物とも言える大切な赤ちゃんです。そしてご自身の身体です。

「この薬じゃないと治らない」という場合ならまだしも
貼り薬は他にも代用品はいくらでもあります

たとえわずかなリスクであっても避けたい。
と、思うのは私だけでしょうか。。。。

  • LINEで送る
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ