60代でも出来る簡単ダイエット3つのコツ | 膝痛を克服しよう

  • LINEで送る

中高年の膝の痛みは
「病院の治療」だけではなかなか治らないものです。
普段の生活での「心がけ」が大切になります

とくに、膝痛を治すためのダイエットこそ
「生活習慣の見直しが必要」な、最たるものです。

特に60歳代は、代謝が落ちてきているため、
みなさん思ったように体重が落ちずに悩んでおられる方が多いですね。


簡単に痩せたいけど、
「カロリー計算なんてめんどう」
「運動は苦手」
「家にいることの方が多い」

という患者様にすすめているのは
やはり「食事内容の見直し」です。

といっても難しいものではありません。

「簡単ダイエット」のコツを3つ挙げておきます。

スポンサーリンク

半身浴

入浴によるダイエット方法です。

体重が軽くなれば「ヒザへの負担」も軽くなります。

お湯の温度は、血圧なども考慮し、
39度前後(体調も考慮しながら)

みぞおちまで浸かり、半身浴を3~5分行ったら
汗が流れないうちに1度出ます。

5分休んで
再び半身浴を3~5分

もう1回、同じようにくり返します。

お湯から出ている休息時に軽く体を洗うといいでしょう。

また、
お湯と外気の温度差による「血圧変動」をおさえるため、
浴室暖房などがある場合は、浴室を温めておきます。

この反復浴を
「食事の前60分以内」に行います。

すると、
皮ふの血管が拡張するので、胃腸の血管は、逆に収縮
胃液の分泌、胃腸の運動が鈍くなるため
食欲が低下します

自然と食事の量も減って
かんたんに体重の減量になっていきます。

お肌がスベスベになることも
「おまけ」としてついてきますよ。

ためらわず残す

60歳代以上の方は
「食事を残す」ということに抵抗があります。

そのため、
「作りすぎてしまった」という場合、
また、
外食の際に食べ過ぎてしまうことが多いようです。

外食は、あらかじめ「少なめ」で注文をしましょう。

それがムリな場合、
心苦しいかもしれませんが「出された食事の8割だけいただく」
ということも考慮してみて下さい。

今は「少なめ」に対応してくれるお店もかなり増えましたので、
ぜひ、注文時に一声かけてみて下さい。

調理法の見直し

たとえば、同じ食材を料理するとして、
「揚げもの」が一番エネルギー (カロリー)が高くなり、
次いで、「炒めもの」「煮もの」

カロリーが少ない調理法
「蒸す」
「網焼き」
「ゆでもの」
となります。

なるべく「蒸す・網焼き・ゆでもの」にシフトするように
心がけてみましょう。

これだけでもかなり変わってきます。

  • LINEで送る
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ