産後のひざの痛みは要注意!こんな症状は出産による膠原病の可能性も

  • LINEで送る

出産後、育児に追われる日々。

そんな中で、
腰やひざが痛くなることはよくありますが、
膝関節の痛みにあわせて
以下のような症状があったら要注意です。

「熱がいつまでも下がらない。普通のカゼとは何か違う」

「全身がだるく痛い。こわばる感じも・・」

「赤い発疹やアザみたいなものが・・」

こういう場合、
決して多くはないですが「膠原病(こうげんびょう)」の可能性もあります。
早めに病院で診てもらいましょう。

膠原病は出産がきっかけで発病することもあるからです。

スポンサーリンク

膠原病の可能性

膠原病とは、「免疫反応の異常」で、
「細胞と細胞の間を結合している組織」に「炎症」が起こり
全身に病変が生じる一群の病気のこと。

細胞と細胞の間を結合している組織は「結合組織」といって、
細胞が生きていく上で欠かせない重要なはたらきをしています。

■ 原因

はっきりと分かっていませんが、いくつかの要因があるようです。

  • 遺伝的な要因
  • ウイルス感染
  • 紫外線の影響

などです。

■ 初期症状

  • 発熱が続く
  • 関節や全身の筋肉の不快な痛み、こわばり
  • 赤いアザのような赤斑・プツプツとした発疹
  • 冷えると、突然指先が白色や紫色になる
  • だるい

※あくまで「代表的」な症状で、上記のみではありません。

神経質に考えると、すべてがそう思えてしまうのですが、
あまり症状が長引くならば 、
やはり一度病院で診てもらった方がよいでしょう。

何科に行けばいい?

まずは内科でいいと思います。

もし、「膠原病の可能性が高い」となったら、
主治医と相談して「専門の科(膠原病・リウマチ内科など)」に
移ることが多いですから。

関節リウマチであるなら整形外科でも大丈夫です。
日本リウマチ学会の認定医などを基準に選んでもいいでしょう。

育児中の膝痛の原因となるものは他にもいくつかあります。
こちらにまとめましたので、ご参考にしてください。

  • LINEで送る
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ